2017年10-12月期Youtube再生回数ランキング

2017年10月から12月末における The Amazing 7のプレゼンテーションのYoutubeでの再生回数ランキングを公開します。
過去に公開されたプレゼンテーションも多く上位にランキングされています。
いつもランキングされている人気のプレゼンテーションがやはり上位をしめています。やはり、人気のプレゼンテーションはコンスタントに見られていますね。
(2017年12月28日現在のデータを元に集計しております。)

第1位 谷本 朋子 : 人の心に寄り添うミニチュアドールハウス

2期連続で、見事に第1位にランキングされました。人生で幾多の試練を経験した谷本さんが、ミニチュアドールハウスを通して、人の心に触れ合う体験をプレゼンテーションしてくださっています。

第2位 林 亮太:色鉛筆画の魅力

7期連続のランクインです。
この間にも何度も個展を開催、書籍の出版と大活躍されています。色鉛筆が描き出すファインアートの世界を是非ご覧ください。
4色の色鉛筆だけで描いた作品も感動的です。

第3位 武藤 由紀:海と身体が繋がる『フリーダイビング』への挑戦

過去最大の再生回数を誇る武藤 由紀:海と身体が繋がる『フリーダイビング』への挑戦。なんと今回も第3位にランクインです。総再生回数も間も無く2,300回、首位を独走しています。フリーダイビングの世界を素晴らしいプレゼンテーションで教えてくれました。

第4位 向山 昌利:スポーツを通じてよりよい社会を創出したい!

12月中旬に公開されたばかりですが、一気に4位にランキングされました。 ラグビーを通じて子供達のスポーツを楽しむ心、国際貢献をされています。
元ラグビー日本代表選手と言うこともあり、多くの皆さんにプレゼンテーションを見て頂いています。

第5位 弥永 和千 : なぜ色鉛筆画家を選んだのか

4期連続のランクインです。色鉛筆画家を目指して、料理人から転身した弥永さん。
なぜ、色鉛筆画家を職業として選んだのでしょうか? その人生観と素晴らしい作品の数々をご覧ください。

第6位 中村 恵美:こども食堂から始まる〜食べ物に感謝〜

「孤独」という貧困にさらされている今の子どもたち、食材廃棄の多い飽食社会な日本。
子供食堂の活動を通じて、これらの問題解決へ向け、日本中を旅する中村さんのプレゼンテーションです。

第7位 秋元 里奈:「生産者と消費者の縁結び」で小規模農業の価値を高める

12月中旬の公開でしたが、7位にランクインです。
“こだわりを持つ生産者”と”おいしくて安心安全な食材を消費者”とを直接結びつけることで、日本農業の価値はもっともっと高めていけるはず。 そんな思いから、高品質なオンライン直売所「食べチョク」をサービスイン、小規模農業の新たな物流改革に取り組んでいます。

第8位 柳下 友里:紙を彫る?彫紙アート ー伝えたい 紙の真の美しさー

5期連続のランクインです。 彫紙アートという新しいアートの世界をご紹介いただきました。 彫紙アートと言う素晴らしい世界を教えてくれてます。いろんなアートとのコラボレーション活動へも現在取り組んでいらっしゃいます。

全てのプレゼンテーションの再生回数は以下の通りです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です