宮澤 美恵子:子宮頚がんゼロに向けて~定期検診のススメ~

評価

今回はチーム・アイジェンヌの代表、宮澤美恵子さんに、街のポスターでも見かけるようになった子宮頸がんについてプレゼンテーションをしていただきます。

子宮頸がんは性交渉によりHPV(ヒトパピローマウィルス)に感染し発症する癌です。
多くのがんの中で、子宮頸がんはハッキリとした原因のわかっています。
しかし、日本では1日に8~10人、年間では約3000人の女性が亡くなっています。

近年、20~30代の発症率が急増しており、行政でも検診を勧める対応を行っております。
ただ、日本女性の検診受診率は約30%で、20代~30代に至っては20%程度が現状。


(先進国と比べてもとても低い値です。)

チーム・アイジェンヌで調査した結果、「恥ずかしい」と「忙しい」がTOP2の理由です。

この現状を打破するために、宮澤さんたちは何を行っているのでしょうか…?
つづきは動画でご確認を!

【自宅検査キット】
子宮頚部の細胞を自己採取し、郵送で検査機関に送ると検査結果が郵送で送られてきます。
チーム・アイジェンヌは精度の高い検査結果が得られるアイラボCytoSTD研究上の自宅検査キットを取り扱っています。

 home-kit

http://www.ilabo-cyto-std.com

【メディア掲載情報】
八王子経済新聞
http://hachioji.keizai.biz/headline/1894/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です