弥永 和千 : なぜ色鉛筆画家を選んだのか

評価

スクリーンショット 2017-01-14 22.51.11

The Amazing 7 37th stageは、「なぜ色鉛筆画家を選んだのか」と題して、色鉛筆画家の弥永和千さんにプレゼンテーションをしてい­ただきました。

なぜこの時代に「画家」なのか、そしてその画材として「色鉛筆」なのかをお話しする中で
その魅力についてお話しいただきました。

スクリーンショット 2017-01-14 22.51.41

様々な職業を経験された弥永さん、色鉛筆画家の道を選ばれたのはシェフをしていた時の上司からの一言。「おまえはこのまま料理人を続けるのか?」
そして、林良太の色鉛筆画との出会いが、彼の人生を変えました。

スクリーンショット 2017-01-14 22.52.31

子供の頃からの夢、やりたいことを仕事として生きてゆく。一歩一歩成長し、お客様に評価いただけることが、さらに自分自身を高めていく。
プレゼンテーションの最後の言葉が心に響きます。『皆さんが本当にやりたかったことはなんでしょうか?』
そんな弥永和千さんの人生観をどうぞこのプレゼンテーションでご覧ください。

弥永和千さんの作品をお楽しみください

art140226-kimonogirl-ref

着物の少女

art140821-fabio01

Fabio Tedde

art151106

蒼煌

art151221

源へつづく階段 相模原市緑区鳥屋

art160106

静かな森の耀き 相模原市緑区寸沢嵐

art160323

海風を受けながら 藤沢市鵠沼海岸

art160929

Forest of life

art160930

AquaWall

art161204

星のすみか

【プレゼンター情報】

webサイト http://kazuyuki-yae.com
Facebook https://www.facebook.com/kazuyuki.fan

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です