秋元 里奈:「生産者と消費者の縁結び」で小規模農業の価値を高める

評価

The Amazing 7 41st stageは、 「”生産者と消費者の縁結び”で小規模農業の価値を高める」と題して、株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長 の秋元里奈 さんにプレゼンテーションをしてい­ただきました。

私たちの生活の中心となっている「食」、そしてその裏にある「農業」。
農業は非常にかけがえのない産業ですが、日本の生産者数は年々減少しています。

自ら農家に生まれ、育った秋元さん。 実家はすでに農家をやめてしまっています。なぜやめてしまったのか? そんな疑問から新たなチャレンジを開始しました。

下のスライドは、農家数と農業就業人口の推移です。急速に減少してますよね。

ではなぜこのように急速な減少をしているのでしょう。ご存知のように少子高齢化で農業を継続できないという状況は私も理解しています。
しかし、秋元さんが目をつけたのは、小規模農家に於ける販路の課題だったそうです。

小規模農家が野菜を消費者に届けるためには、多くの流通を経由しているのが現状です。そのため価格の設定もできず、農業経営を継続することが本当に辛く、難しいこととなって来ているようです。

実際の消費者に、本当に美味しい採れたて野菜を、リーゾナブルな価格で届けられないか?
そこでスタートしたのが、インターネットを利用したオーガニック野菜の個人宅への直接配送サービスです。

生産者と消費者を直接結ぶことにより、消費者からのフィードバックも得られ、生産者も大きな励みになることでしょう。
秋元さんの新たな取り組みを応援しましょう。

サイト:https://www.tabechoku.com

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です